業務内容及び環境工事

解体工事

解体8

お庭にある小さな物置から、街中にそびえ建つ大きなビルまで多種多様な建築物 (構造物)の解体工事を手掛けております。
解体工事の匠としてお客様や近隣の皆様に、どのような対応をしていくのかを常 に考え、現地調査をしっかりと行い、その現場に見合った最善の施工計画を行う。
これこそが一番重要だと考えております。

土木工事

http://tm-takumi.com/wp-content/uploads/2016/07/解体3.jpg

お客様は解体工事完了後、その土地をどのように活用されていますでしょうか? 住宅の新築を予定されている方もいらっしゃいます。駐車場として活用される方もいらっ しゃる事でしょう。
境界工事としてブロック積み、工事を予定されている方もいらっしゃいます。

そんな時は、是非ティーアンドエムズの営業担当にご相談ください。

解体工事完了後の造成や外構工事も一括してご相談に応じます。 また、駐車場整備として場内の舗装工事、土間のコンクリート工事をお考えの方も、ティー アンドエムズなら、お客様の納得のいく施工でお応えいたします。

弊社には、優れた土木ネットワークがございますので、協力業者の皆様との間では、業者間 での情報交換や物件の紹介等、持ちつ持たれつで頑張っております。
ですから、協力業者への業務依頼等でバックマージンの上乗せ等は、一切ございません。 どうぞ安心してご相談ください。

環境対策工事(アスベスト処理工事)

アスベスト処理工事
昨今、一般住宅や建材におけるアスベスト使用による住民への健康被害、アスベスト製品製造工場に
おける従業員や周辺住民への健康被害が問題となっております。

一方、プラント設備において、旧型設備は更新時期を迎えております。

旧型設備に使用されている古い保温材には、アスベストが含まれています。

設備を解体する際、作業環境はもちろんのこと周辺環境へのアスベストの飛散を防止し、作業員や周辺 住民が暴露することを防止する必要があります。

ティーアンドエムズでは、アスベストの処理工事を行うにあたり、現地調査から設計計画、施工を的 確な安全管理で行い、有害なアスベストの飛散・暴露を防止します。

では、実際にどのような作業工程になっているかをご説明いたします。

  1、アスベストのサンプリングを行い関係機関により分析を行います。
  2、アスベスト処理箇所とその他の箇所をポリシートで完全に隔離・養生をします。(外部へのばく露防止のため)
  3、アスベスト除去時、粉塵が飛散しないよう十分に湿潤化をする。
  4、ケレン棒、ワイヤブラシ等を用い丁寧にアスベストを剥離します。
    この時、作業員は被ばく防止のため、専用のマスクやスーツを着用します。
  5、細かな溝や、すき間などわずかに残っている箇所も完全に除去します。
  6、除去完了後、凝固剤を散布し外部へのばく露防止に努めます。
  7、剥離・除去されたアスベストは、専用の袋へ入れ、さらにポリ袋にて二重梱包します。
    (作業に使用したスーツや手袋、隔離・養生に使用したポリシートなども、こうして梱包します)
  8、こうして梱包されたアスベストは、現場外へ出す事が許されます。
    あとは、収集運搬車両へと積み込み、処分場へ搬出されます

環境対策工事(ダイオキシン対策工事)

ダイオキシン類とは、農薬合成時などの不純物としてできる他、塩素を含む化合物を燃 やすことによっても生成する物質のことです。

現在ダイオキシン類は、その80%以上がゴミ処理場のゴミの焼却によって発生しています。

ダイオキシン類は、人の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがある有毒物質で あるとされていますが、人体への影響の詳細については判明していません。

ティーアンドエムズでは、各現場状況に合わせたダイオキシン対策工事計画を構築しており、ダイオキシン対策工事における労働者のダイオキシン類暴露防止対策の徹底を 図るとともに、周辺環境に対する安全にも十分配慮して、大小様々な規模の焼却炉の解 体工事を行います。

  1、アスベスト除去工事とほぼ同じで、サンプリング調査から行います。
  2、ポリシートで完全に隔離養生をします。
    この時、養生に隙間などがあるとホコリなどと一緒にダイオキシンも大気へと放出される可能性があります。
    そのような事のないように、施工前はもちろん、施工中も常に隔離養生の管理を行います。 
  3、焼却炉内部に残っている灰や燃えガラを、専用のポリ袋へと処理します。
    この後、焼却炉内を洗浄するので、できるだけ綺麗に残留物を処理します。
    細かな灰などは、真空掃除機で完全に除去します。
  4、残留物除去完了後、洗浄。
    洗浄完了後、焼却炉下部に溜まっている洗浄水も汚染物質なので、
    真空掃除機で綺麗に除去します。
    土間にこぼれ落ちた洗浄水は、雑巾などを用いふき取ります。
    ここで使用した雑巾も汚染物質として処理します。
  5、部処理がすべて完了したら、焼却炉本体の解体です。

産業廃棄物収集運搬業

http://tm-takumi.com/wp-content/uploads/2016/07/解体3.jpg

ティーアンドエムズでは、工場や建築・解体工事の現場な どから排出される産業廃棄物を、廃掃法(廃棄物の処理及 び清掃に関する法律)に基づいて安全に運びます。
そして、 収集された廃棄物を、リサイクル材として利用できるよう 処理をし、その中から再生できないものは最終処分をするなど、様々な処理フローを考え、それぞれを適切に処理しています。
また、産業廃棄物を運搬・処理するには許可が必要になります。(運搬する車両にも許可が必要)

さらに、処理を行うまでマニフェストで管理されます。
弊社ではそれらの許可証を取得しており、法令を厳守しマ ニフェストでの管理を徹底しております。(電子マニフェ ストにも対応します)

災害派遣・復旧工

災害時に関係機関からの要請、復旧依頼にも迅速に対応いたします。
近年「台風や地震、大雨や竜巻」といった天災関連の報道が多くなってきています。
その影響で被災された方々から『建物が倒壊して・・・』や『物置が吹き飛 ばされた・・・』という相談が増えてきました。
その様な時に私達「ティーアンドエムズ」は被災された方々の気持ちになって対 応させて頂く事を忘れずに各業者様との連携を図りライフラインの復旧など迅速 に施工させて頂いております。
大変な時こそ安心してお役に立たせて頂ける存在を「ティーアンドエムズ」のス タッフは常に心がけております。

こういう事も承ります

http://tm-takumi.com/wp-content/uploads/2016/07/解体3.jpg

お人形の取り扱いについて

お人形の取り扱いについて。 長年一緒に、そのご家族とともに暮らしてきた日本人形や雛人形、
五月人形やフランス人形など、生活事情や不要になった事で、解体 と同時に処分される方がいらっしゃいます。 私達「ティーアンドエムズ」はこれらの人形には、作り手の職人魂、 またはお子様の成長を願う親御様の心入れがあると思っております。
魂や、心入れのある人形たちを、そのまま処分するのは心苦しく寂 しくもあり、大変悲しくなるものです。
そこで、ティーアンドエムズでは、神主様に人形供養をお願いし、お祓い の儀を行ってから処分するように致しております。

http://tm-takumi.com/wp-content/uploads/2016/06/解体3.jpg

井戸の埋戻し作業について

解体工事を請け負った際によく、『敷地内にある井戸を埋めたい』と、相談を受けることがあります。
井戸の埋め戻しに関しては、悩ましい迷信がいくつか存在しますが、神主さんにお祓いをしていただく風習は、 なかなか廃れません。
古来、井戸には水の神が住むと伝承されてきました。井戸は人の暮らしを支える、文字どおりの水源地であり、 同時に事故の多い禁忌の場所でもありました。埋め戻しのお祓いは、迷信というより一種の宗教行為と捉えた ほうがよいでしょう。
そういうお客様に安心していただく為にも、ティーアンドエムズでは埋め戻す際に、お客様と相談してお祓い をするようにしております。

おおきなビルから小さな犬小屋まで、どんな困難な現場でもプロだからできる匠の技を提供いたします

おおきなビルから小さな犬小屋まで、どんな困難な現場でもプロだからできる匠の技を提供いたします

おおきなビルから小さな犬小屋まで、どんな困難な現場でもプロだからできる匠の技を提供いたします

株式会社ティーアンドエムズ ロゴ

〒435-0014 静岡県浜松市東区大蒲町124-32

053(489)9022

053(469)3395